misono プロフィール

misono(みその、本名: 神田 美苑 - こうだ みその、1984年10月13日 - )は日本の歌手、女優。

day after tomorrowのヴォーカルと作詞担当で、活動休止後の2006年にはソロデビュー。
京都府京都市伏見区出身、京都両洋高等学校中退。
血液型はB型。歌手の倖田來未は実の姉である。
身長154cm。あだ名は『みぃも』。

かつては沖縄アクターズスクール大阪校および沖縄本校に在籍しており、当時はトップ集団であるB.B.WAVESに属していた。

2002年8月7日にday after tomorrow(以下、datと略)としてデビュー。デビューに繋がったきっかけは「あたし、歌がめちゃくちゃ上手いんですよ。(当時datプロデューサーの)五十嵐さんにいい声だからどうしてもデビューして欲しいってお願いされちゃったんですよ。」(当時のテレビ朝日『ミュージックステーション』より)。

このプロデューサー・五十嵐充や所属事務所、さらに「ポスト浜崎あゆみ」を求めていた所属レコード会社avex traxからの厚いバックアップを受けたdatは「期待の大型新人」として大々的に売り出され、積極的なテレビ出演で知名度を上げていった。年末には日本レコード大賞・新人賞を受賞。2003年の夏頃からオリコンチャート上位の常連になり、6thシングル『moon gate』、7thシングル『Dear Friends/It's My Way』は最高位2位を記録した。

しかし、2005年7月をもってdatは活動を休止。理由については「メンバー個人の音楽活動のステップアップ」の為と発表されたが、同年の北野とSAYAKAのゴシップ騒動や、現在レギュラー出演しているラジオ番組『ゴチャ・まぜっ!金スペ』において「まだ仲の良かった頃…」という表現をしていることから、メンバー間の人間関係にも問題を抱えていたことが伺える。

2006年3月29日、シングル「VS(ヴァーサス)」でソロデビュー。datの活動休止からソロデビューに至るまでに、misonoは歌を歌う場所を失う事への怖さを知り、ある意味挫折を味わったと言っている。「今まで(dat)は、皆に好かれる、笑顔・前向き・元気いっぱい、自信に満ち溢れた”理想の自分”だったけれど、実はネガティブな一面もあったり、普通の女の子であり、今まで隠していた”弱い自分”もいる。葛藤の末、”どちらも本当の自分”なんだ、隠さずに受け止めよう。」という想いがデビュー曲「VS(ヴァーサス)」に表れている。PV では、2人のmisonoが戦っている。

2006年には岡本真夜のヒット曲「TOMORROW」をカヴァーし、グリコ乳業「カフェオーレ」のCMに7月より起用されている。当初は CM のみで流され CD 収録はないものと思われたが、11月1日発売のシングル「ラブリー♥キャッツアイ」にc/w曲として収録された。


misono 激痩せ

ダイエット企画
day after tomorrowとしてのデビュー当初はそのアイドル的な容姿にも注目を集めていたmisonoだが、デビュー後半年を過ぎた頃から肥満が始まり、ビジュアル面にも大きな影響が現れるようになった。このため2006年9月、たかの友梨ビューティークリニック・MTVジャパンとのタイアップによるテレビ公開ダイエット企画を発表。その模様はリアリティ番組『MTV Girls meet Beauty supported by Takano Yuri』として10月5日より放送されている。

ダイエットにあたり、現時点での体重・体脂肪率等の情報を公開。デビュー時42kgだった体重は56.2kgにまで増加し、体脂肪率は32.1%にまで達していたことが明らかになった。また、上半身裸のセミヌードも初めて公開した。

姉・倖田來未との関係

姉・倖田來未との関係
実姉の倖田來未は2000年にデビューしていたが、ヒット作はファイナルファンタジーX-2のテーマソング『real Emotion/1000の言葉』のみで人気が長らく伸び悩んでいた。一方、datとして遅れてデビューしたmisonoは姉に先がけてブレイクを経験し、デビューから半年で日本レコード大賞・新人賞を受賞。これについてmisonoは後に「当時はお姉ちゃん(=倖田)に申し訳ない気持ちでいっぱいだった」と語っていたが、その後倖田は16thシングルの『Butterfly』で日本レコード大賞を受賞するなど大ブレイク。dat活動休止後、なかなか次の活動が見えないままにあったmisonoとの立場は完全に逆転してしまった。


misonoはこのことに関して「お姉ちゃんの気持ちがやっと分かった」と複雑な心境を語っている。ただし姉妹仲は良く、お互い「いつか2人で組みたい」とも話している。また、姉が「エロかっこいい」をモットーにしていることに対しては、「お姉ちゃんは(肌を)出してナンボ。私はお姉ちゃんが武器にしている部分(胸)は出来るだけ隠したいんです」と発言し、また「女性として姉に勝っているところは?」との質問に「ない」と即答するなど、姉は姉、自分は自分と割り切っているようで、「私は『永遠の妹』キャラで勝負したい」と発言している。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。